高校1年生へ

入学後すぐにコロナウイルスによって休校期間を迎えてしまった高校1年生。2学期に入り、授業と定期テストの日常生活をようやく迎えられた一方で、中学生時代とはスピードも難易度も違うことに戸惑いを覚えたり、つまずいてしまう方も少なくありません。今学習している内容は、もちろん大学受験の範囲でもあります。高校最後の3年生を勉強だけの思い出にしないためにも、今からしっかり土台を整えておきましょう。部活動や学校行事と両立を、一年生のうちに定着できるかが重要になってきます。今の段階で学校の授業スピードに不安がある方は、早めの対策をおすすめします!

高1生の個別指導
高1生の集団授業

こんな方に個別指導がおすすめです
  • 学校の授業スピードが速いと感じる
  • 定期試験の得点を上げたい
  • 部活や学校行事と両立したい

中学の定期試験ではそこそこ取れていた勉強法が、高校では通用しないことを実感する1年生は多いです。授業のスピードが格段に速くなり、学習範囲が広くなる高校の定期試験。勉強法を自分の力だけで修正することは難しく、今のうちに苦手意識を持ってしまうと、そのあと克服するのも簡単ではありません。
成績が下がり始めていると感じたら、すぐにでも軌道修正が必要です。

今から対策をしておくと進路の可能性が広がります

近年の大学受験では、指定校や公募制など推薦入試枠を増やす大学が多くなってきています。以前と比べると入試システムや試験も多種類存在していますが、どんな推薦入試においても必要となり、合格を左右するのが定期試験の得点、【評定】です。推薦入試を視野にいれるなら、1年生の内から学校の定期試験をしっかり得点する勉強が必要となります。

  • 学校の進度と生徒さまの理解スピードに合わせた授業を行います
  • 定期テストごとに対策・分析をしっかり行います
  • 定期テスト後は必ずご家庭に総評を報告いたします
  • 指導報告書を授業後すぐに、スマホを通じてお送りします
  • フォロー制度充実で学校生活との両立が可能です
ユニバの個別指導をもっと詳しく
2020年度後期、高1生の集団講義がスタートします


2020年9月より、これまでご要望の多かった高1生向けの集団講義がいよいよスタートします。学校の授業では物足りなさを感じている方大学受験を見据えて今のうちに主要科目を固めたい方にぜひおすすめです。

集団授業が「英語」だけの理由
ユニバーサルアカデミーの高校1年生向けの集団授業は「高1英語」のみです。
大学受験を目指すならば必須科目であると言われる英語は、

  • 文理問わず避けて通れない
  • ほとんどすべての大学において配点が最も高い
  • 安定した点数を取りやすい

という点から非常に重要で、最優先で勉強するべき科目です。
この英語を早いうちから固めておくことで、英語そのものだけではなく、受験生になって周りが英語にかけている時間を他科目に回すことができ、受験で圧倒的に有利になります。
進路の方向性がある程度定まる高校2年生からは、英語と並ぶ主要科目「受験準備数学」の集団授業が加わります。

  • 少人数制クラスで講師との距離が圧倒的に近い
  • 授業中の生徒のわずかなサインを見逃しません
  • 全授業を録画しているので欠席時のフォロー体制充実
  • 週一で無理なく受験準備が叶う
高校で学習する英文法のほとんどは、高1生の学習範囲です。にもかかわらず、多くの受験生が3年生になってもなお英文法の習得に苦労しているのは、早いうちから英文法を正しく理解して、正しい勉強をしてこなかったからと考えられます。
「高1英語」では、品詞の知識を身に着けることで1年生の間に英文法を正しく理解することを目指します。後期では英文読解に特に必要になる「文型」「態」「準動詞」の単元を扱い、読解に活かせる文法力を養成します。
【担当】今井博人講師
毎週水曜 20:00~21:30
講義(90分×12回)+復習テスト(2回)
月謝 8,500円(税抜)
ユニバの集団授業をもっと詳しく

 お問い合わせはこちら