【合格体験記 vol.6】清水谷高校・腰嶋健さん

 僕は自分の成績に危機感を覚え、高2の10月頃に入塾しました。特に個別指導では、集団授業で補えない所や分からないところを徹底的に教えていただきました。そのおかげで授業に遅れをとることなく、より理解が深まりました。
 そこから公募では上手くいったのですが、一般前期で残念な結果に終わってしまいました。でもユニバの方々に、後期まで頑張れと励まされ、最後までやり切ることを決めました。その努力が実を結び、第一志望に合格することができたと思います。
 ユニバに入って後悔はないです。というよりむしろユニバに入って良かったと思います。本当にユニバの方々には感謝しています。
 受験生の皆さんに伝えたいことは、後期まで粘ることが正解とは言いませんが、後悔のない受験生活を送ってほしいということです。

 お問い合わせはこちら