【合格体験記 vol.5】近畿大学附属高校・辰川福美さん

 私は高2の夏に入塾しました。入塾したきっかけは、アットホームな雰囲気が自分に合っていると思ったからです。私の学校のクラスのほとんどの生徒は内部進学を選択していたので学校では受験対策の授業は行われませんでした。同じ教室に受験生がいなかったのでしんどかったこともありましたが、塾に来れば一緒に頑張っている友達や、どんなときも親身になって相談に乗ってくれる先生がいたので最後までやり抜くことができました。
 私の志望校は二次試験が英語と国語で、小論文形式での出題だったので二学期から先生に添削をお願いしていました。特に渡壁先生と鈴木先生には何度も添削していただき、いろいろなアドバイスを頂いたおかげで本番は自分が納得できる作文を書くことができました。細かいところまで分析し、弱点を見つけ出して対策を考えてくれた先生方にはとても感謝しています。
 ユニバの良いところは毎日23時まで自習室が開いているところだと思います。私は家で勉強できないタイプだったので、毎日自習室に来て勉強していました。自習室では周りの子もみんな真剣に勉強していて集中しやすく、わからないところがあればチューターに質問できる環境もあったので、一日中自習室で勉強することが多かったです。個別指導では自分の分からないところを理解できるまで教えてもらえたので、苦手を克服することができました。個別の授業を受け始めてから数学の偏差値が10以上上がって、それを維持することができたので個別を取って良かったなと思いました。

 お問い合わせはこちら