botan
 

高校2年生

高2生の間にしておくべきこと、それは高3生になるまでに固めるべき「基礎」です。高3生からの受験対策授業ついていくためにはしっかり「志望大学にあった基礎」を固めておくことが大前提です。ユニバーサルアカデミーのカリキュラムは無理なく高3生を過ごすために2年生の間で受験準備学習の定着を目指します。

高校2年生には定期試験対策は個別指導、受験準備対策は少人数集中講義をオススメしています

高校2年生は個別指導が最適であることをご存知ですか?

塾の集団授業では学校の成績は上がりません。無理にハイレベルな塾に通うと長続きしません。どの生徒も、まずは学校の成績をあげることが大事です。 得意不得意や、進め方には大きな違いがありますので、それらを踏まえた上で学習環境を整えるには、個別指導が一番最適で無理なく続けられます。 大事な部活と両立もできるのが、大きいメリットですね。

授業について行くために必要なこと

高校2年生になると、普段の授業の分でも受験を意識するようになります。しかし授業についていくことができない生徒は、どうしているでしょうか。自分で授業後に質問に行ったり、家に帰ってから参考書を広げて徹底的に復習する必要があります。 ただ、ついて行けないということは、ついて行くことに必死なはず。 “どこから手を付ければいいのかわからない”そんなお悩みを解決するには、苦手箇所の克服は個別指導しかありません。そのため、2年生までは個別指導でしっかり丁寧に学習する必要があります。

個別指導のコースは充実したコースが4つ!

進学準備 個別指導

大学受験を意識した実力養成型コースで現状を把握! 高2生から、大学受験勉強を意識した指導です。2年後に現役で志望校合格を勝ち取るために、現状の把握から始め、高3生になってからも慌てず、着実に勉強することができるようなカリキュラムを作成し、指導します。学校の勉強よりも、実力養成型の指導を中心に行いますので、その前提として学校の学習は自力で学習してください。ただし、質問などにはしっかり対応いたします。決して放置は致しません。

教科書準拠 個別指導

学校の教科書に基づいた指導で、確実に基礎力をアップ! 主として、学校の勉強を確実に定着させることを目的とした指導です。中学から高校になって、成績が著しく下がってきているという話をよく耳にします。「中学の頃はクラスでトップだったけれど…」高校生になると、中学生の頃とのギャップについていけない生徒が多いようです。しかもこの遅れが将来の大学受験にまで影響してきます。今の間にそういった「自信喪失」や「勉強に対する恐怖心」などを拭い去っておきましょう。

得意科目強化 個別指導

医大、薬大などで必要とされる教科を専門的に指導! 得意科目のレベルをさらに向上させる専門向きの指導です。将来の大学受験に向けて、大きなアドバンテージを持てる学習を必要とする医学部や薬学部を志望している生徒、また外大など一定の教科で最大限の力と効果を発揮することができるよう指導するコースです。

弱点補強 個別指導

一人ひとりに合った学習法で苦手教科を克服! 数学や英語などは苦手な生徒が多いと思われます。特に高3生になってから英語や数学が苦手となると、致命的ですね。「得意ではないけれど苦手じゃない」といった状態にしておくべきです。また英語や数学は少し出遅れると、まったく太刀打ちができなくなる教科です。苦手意識を一日でも早く克服できるよう、しっかり、ゆっくり、一人ひとりに合った学習法で指導していきます。

 お問い合わせはこちら

カテゴリー

読者登録

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールでお知らせ!いち早く情報を購読いただけます。

おすすめリンク

ユニバ通信

受験情報や日々のコトを更新しています!