高校1年生へ

 高校に入学してすぐにコロナウイルスによって学校が休校になりました。新しい環境で新しい仲間との学習への期待が一変した4月でした。これからどのような対策が行われるかは未だ不透明ですが、将来の受験勉強を視野に入れながら少しずつ普段の学習環境に体制を整えていきましょう。

 最近の大学入試は指定校や公募制など推薦で決める大学が多くなってきました。以前と比べると入試システムも多種類存在しています。しかし昔も今も絶対に変わらないのが定期試験の得点です。評定といわれる得点です。この得点がどんな試験(一般試験を除く)にも必要となり合否を左右します。学校の定期試験をしっかり得点する勉強が必要となります。また高校最後の3年時を、勉強だけの思い出にしないためにも、今からしっかり両立する事をおすすめします。今から始めれば、好きなこと、やりたいことをあきらめずに、行きたい大学に合格することができる。そんな理想の高校生活をおくるためにも、早いスタートをきりましょう!

高校1年生はまず学校の定期試験をしっかり得点する事が重要です。

高校1年生には個別指導が最適です。

塾の集団授業では学校の成績は上がりません。無理にハイレベルな塾に通うと長続きしません。どの生徒さんも、まずは学校の成績をあげることが大事です。 どの生徒さんにも得意不得意や、進め方には大きな違いがありますので、それらを踏まえた上で学習環境を整えるには、個別指導が一番最適で無理なく続けられます。 大事な部活と両立もできるのが、大きいメリットですね。

特に気をつけるべき教科があります

特に英語と数学には気を使ってください。しっかりと文法項目を理解しておかないと長文問題などは解けません。どこの試験も長文読解の配点率が高く、長文ができない子で高得点を出す生徒は少ないでしょう。さらに文系理系共に数学ⅠA、2年生からは数学ⅡB(私立などでは1年生から数学ⅡBを行います)そして理系ではⅢが出てきます。文理共にⅠAⅡBは共通試験でも出題される重要範囲です。 よく数学が苦手な生徒を耳にします。特に文系の生徒に多いようですが、数学が苦手な生徒は中学時代から苦手であり、その意識をそのまま引きずって高校に進学した方が大半です。

 お問い合わせはこちら