botan
 

英語

各レベル別に、文法、解釈、構文と、細分化された講義が魅力!目的を明確にし、何に向かって学習しているのかがはっきり分かるよう工夫しています。

高3少人数集中講義の科目

英語の集団講義のコースは充実したコースが8つ!

テストスキルズ 対象大学:難関国公立大学・難関私大 いわゆる「英語の長文読解問題」に関して、皆さんからよく耳にする声としては「一文ずつは分かるけど、全体で何を言いたいのか分からない」や「ゆっくり読んだら理解できるけど、時間が足りない」などといったものが挙げられます。色々な理由が考えられますが、最も大きな問題は皆さんが「英文の書かれ方」を捉え損ねていることです。用いられている文字から全く違うわけですから、日本語を読むつもりで英文を読んでも正しい理解は得られません。この講座では英文のパラグラフパターンを知り、速く正確に読むことを第一の目標として、それから先の「長文読解問題」の解法を個別指導で学習します。「英語精読」の講座で身に付けた読解力をこの講座でさらに発展させます。
ハイレベル英文解釈 対象大学:神戸大学・大阪市立大学・大阪府立大学などの国公立大学 最終目標は国公立2次試験、難関私大で合格を取れる力を身につけることです。難関大学で出題される読解問題は、英文の内容理解ないしは情報習得を目的とした問題が多く、正確に英文を読む力が試されます。単語や構文をただ丸暗記して意味をつなげるだけではなくて、一見難しい英文でも基本知識を使って和訳できるようになるまでの力を身につけてもらいます。文の構造を説明を聞いて理解できるレベルから自分で説明できるレベルまで引き上げます。当然ハイレベルクラスなので、扱う問題などは難易度が高いので、個別指導でも最初はかなりしんどいと思いますが、第一志望に合格するために一緒に頑張りましょう。
スタンダード英文解釈 2クラス設定 対象大学:関関同立・甲南などの難関私大 大学受験における英語の問題では、主に長文読解が絡んだものが出題されます。では、長文を読めるようになるためには、何ができなければならないでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは「単語を覚える」ですね。もちろん、それは大切なことですが、単語を覚えただけで読んだり、問題を正答することができるのかというと、それはNOです。大学入試の英語長文の特徴は一文一文が長く、文構造が複雑になっていることが多いところです。さらには選択肢になっている英文も、きちんと読めないとどれも同じようなことを言っているように見えてしまいます。なので、まずみなさんができるようにならなければならないのは、一文一文を「きちんと読める」状態を作ることです。一見、遠回りのように思えるかもしれませんが、入試という大事な場面をフィーリングで乗り切るのは無謀だと思います。この講座で、夏が来るまでに個別指導を受け、英文をきちんと読める力を身につけましょう。
国公立英文解釈 対象大学:国公立専門対策 後期概要発表
関関同立・一般私大英文解釈  対象大学:関関同立専門対策 後期概要発表
実践英作文 対象大学:国公立大学・同志社・立命館など 英語の学習で自分で勉強することが一番困難な分野が作文です。構文をしっかり押さえていればいいと言う訳ではなく、単語・熟語を知っていればいいという訳でも、文法を駆使すればいいという訳でもありません。作文で一番大切なのは発想力と練習です。しっかりと練習をつみ、添削してもらい、誤っている箇所をしっかり直す訓練をしなければなりません。特に、国公立の英作文においては、難解な日本語を英語に直させるケースが多く、日本語をいかに易しい文章に、また英語らしい文章に作り直すことができるかが最大の焦点であり、そこでこの授業が活かされてきます。この講義では、皆さんに毎回頻出事項を理解してもらって、実際に書いてもらいます。書いたものは添削してお返しします。英作文が課されている大学を志望している方を対象に、様々な出題形式の問題を通して、表現力の向上を図るとともに、英語力そのものに磨きをかけていきます。
実践英文法 対象大学:国公立、関関同立、センター 各文法事項を理論的に理解することで、暗記文法からの脱皮を目指します。暗記文法に頼った学習は試験会場では実力を発揮しにくく、理解することで、暗記の量を端的に軽減することができます。1年間で受験文法のすべてを学習します。
読解英文法  (前期) 対象大学:受験英語初級から産近甲龍・外大系など 「英語が苦手」だという方から「単語が分からない」、「長文が苦手」とよく聞きます。多くの皆さんはそれを何とか克服しようと勉強を始めるのですが、「何から始めていいのか分からない」状態に陥ります。答えは簡単、「文法」です。私たち日本人はネイティブスピーカーではありませんから、「何となく感覚的に」英語を理解することはほぼ不可能です。だから、文法を学んで「頭で考えてきっちりと」理解するのです。この講座では英語を読んで書く、そして入試問題を解く上で必要な文法事項をまずは考え方から理解して、さらに反復練習を行うことで確実に学習します。英語にセンスは不要です。正しい理解とハードワークさえあれば英語力は上達します。
センター英語 対象大学:センター試験専門対策 後期概要発表

 お問い合わせはこちら

カテゴリー

読者登録

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールでお知らせ!いち早く情報を購読いただけます。

おすすめリンク

ユニバ通信

受験情報や日々のコトを更新しています!